株式会社エクサバイト ITのことならエクサバイトにお任せください
トップ > 導入パターン > 再配達が発生してしまう配達の場合

配達希望時間帯に配達に行っても不在だった。

不在だった時、近隣を通る度に再配達を行っていた。

交通規制などで配達遅延が起こってしまうと、配達遅延は不在再配達に繋がるので絶対に起こしたくない。

ナビ達なら配達の開始、配達時間の2時間前、30分前など、希望の時間間隔に応じて、受け取り人に配達状況をリアルタイムに通知します。


これにより受け取り人の在宅意識が向上し、再配達を未然に防ぎます。

ナビ達なら受け取り人が不在だった場合に、不在通知をスマホに通知、受け取り人はそこからすぐに再配達依頼が行えます。当日可能な配達時間ならば配達コースに自動で組み込まれ、翌日以降の配達でも自動で最適なコースに振り分けられます。


これにより配達員は再配達を心配する必要がなくなります。


ナビ達なら配達コース内で交通規制が起こった場合にも、回避した最適なコースを案内するので、配達員は交通規制による配達遅延に悩まされる心配がなくなります。


万が一、配達遅延が起こってしまった場合にも、以降の配達先の配達予定時間内に間に合うように、最適なコースを案内します。

小売店などの販売店への配達の場合